あやぱいんの世界一周ブログ

I'm traveler from Japan. Free as a bird. Be more colorful.

スペイン旅行④恋するバルセロナの日

この日はバルセロナに移動しなくてはならないため、深夜に起きてしまってから二度寝を恐れて非常に頭痛い状況で空港へ
時間がとにかく無駄でした。(笑)


バルセロナにつき、ホテルチェックインすると昼過ぎ。さすがにスペインっぽいもの食べたくててきとーに入った店でパエリヤとサングリアを注文。


昼過ぎとはいってもスペインでは早い昼ごはんで人はいなく、次にブラジル人が2人入ってくる、話しかけられ、サルサを教えてもらう笑


これまたひとりは全くスペイン語オンリーのため、全く会話にならずiPhoneのトランスレーターを使う
22時にまた集合してシーフード食べに行ってから踊りに行こうと言われ、どうしようか迷ったが断り文句が伝わらないので、とりあえずオッケーといっといた笑
彼らはこのあと寝るんだそうだ、やっぱり本当にシエスタってあるんだな、と思いながらも


ピカソ美術館へ


バルセロナの街並みはとても素敵で、とくにピカソ美術館の辺りはいかにもいい感じのヨーロッパの小道が続いており、狭いカフェやらお店が連なっていてとてもたまらない。
チケット買ったけど時間指定になっていたので、カテドラルなど近くを歩き回る。いい感じでしかない。



ピカソ美術館は、ピカソといえばキュビズムかなって思ってたけど、いろんなピカソを観れた。本当に昔の絵から、青の時代、バラ色の時代、キュビズムへ
言葉に出来ないんだけど、本当に凄くて、感動した。鮮やかで多面性のある、革新的な世界観。ひとつひとつの線や色がそこにある凄さというか。いろいろ買ってしまう。
ピカソのファンになりました。



そのあとタパスを食べてみる
シーフードのやつと、コロッケみたいなやつ。


食べ物も飲み物も美味しくて、ダラダラと飲む文化あり、天気も良くてあったかくて日が長くて、芸術に溢れていて、昔の街並みが残っていて、なんて最高なのかと。とにかく幸せを噛み締めてた。
フィレンツェ以来の住みたさ。


そのあとダリ美術館。
珍宝館というか不思議な部屋ってゆうか連れ込まれそうな感じの簡単な美術館。


今までスカルプチャーってツマラナイって思ってたけど、ダリのは、ダリの絵の世界が三次元で表現されてる感が面白かった


そして通り過ぎるたびに気になってたdesigualへ
日本にもあるけど、ちゃんと見たことなくて。ええなにここ!私の好きな服しかない!てくらいカラフルで他にはないデザインの服がいっぱい。
サイズが合わなくて、何着も試着した挙句ワンピース3点お買い上げ。靴も欲しかったけどサイズが合わなくて。。
値段は€60〜130くらいかな。セールも含め€240くらいでした。日本より安いといいな。



そしてまた少し歩き回ってジュース飲んで終了。

バルセロナ、好きすぎる!!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。