あやぱいんの世界一周ブログ

I'm traveler from Japan. Free as a bird. Be more colorful.

イタリア旅行③ ローマ→フィレンツェ

まずはスーツケースを駅に預けて、今後の電車の切符を買い、サッカーのユニフォームを買いに、ラツィオの公式ショップへ行くもやってなく、となりのサッカーショップにていろいろお土産を購入。
弟にもトーレスのユニフォームを買ってあげたり、いとこにサッカーボールを買ってあげたりしたら結構な額。店員さんとはこれは誰々へのお土産ということを話しながらだったので、自分に何も買えない私を不憫に思ったのか、私にあなたには、とインテルのライターとミランのキーホルダーをくれたw ただ沢山買ったいい客だったからかもしれないけどw
あなたのボーイフレンドはほんとにラッキーね、といわれるが誰?(笑)


ミランのユニフォームがここでここで買えるとは思わず三越に行く必要がなくなったので、またぶらぶら街を歩く。
おなかがいたくなって、つらそうなかおをしてたのか、どっかのホテルのドアマン?がトイレを貸してくれたりして、かわいいからランチでも誘いたかったよといわたり。
とにかくイタリア人男性はやさしい。
女性を大事にするのが染み付いている。
交通量が激しい通りでもわたれないなーと思ってたら止まってくれて、チャオってウインクされてユアビューティフルとか言われたりする。


日本じゃあり得ない扱いにイタリア最高。てなるよね。もうそれはいちいち書かないけどどこでもそうだった。



そのあと先に駅で予約してたフィレンツェにいく時間を一時間間違えて焦ってピザをテイクアウトするも、
間違えてたのでホームで座り込んでホームレスのような状況でピザをワンホール食べる(笑)
その辺で買ったやつなのに美味しすぎて、残そうと思ってたのにペロリ。


そしてフィレンツェへ。


フィレンツェにつくなり、hotel so leにチェックイン。ミケランジェロの丘の夕焼けが素晴らしいという友達からの情報をえていたので、バスで向かう。
バスのチケットはその辺のタバッキとかでかうと車内より安いのだが、新聞やさんのおじさん(ペルー人)が英語より日本語が堪能で、唯一ここでのみ、日本語での会話を楽しんだ。


日本語なんて難しい言語を話せる外人に会うと英語ほどイージーで誰もが話せる言語をマスターできないなんてくそだと思う。


バスで降りた先。そこから見えるあまりの美しい光景に涙がでたくらいであった。
夕焼けはまだまだだったのだが、ひかりがてらすオレンジ色の屋根が広がり、どこからか教会の鐘の音が聞こえる。


しばらくそこで景色を眺め、さらに上にある教会へ


近道を前に歩いていたゲイカップル?(にみえた)が教えてくれる。
頂上でもあったので、教会の中をみて、話していると英語がそんなになまっていない。
(私がゆうのもなんだが、イタリア人の英語はとても聞き取りにくい。)
日本の高齢化や仕事のこともよく知っている。
なんと弁護士だそうだ。
しかもまぁまぁ不細工で女には恵まれていなそうなまじめそうな感じ。話の内容も(笑)
ひとりはミランで働いているためこれから駅に送っていくが、そのあととっておきの場所があるからいかないか、と言われる。
かなり危険を感じていたが、とりあえず下には降りるのでついていった。
コーヒーをのみながら名刺をくれたりして、まぁいってみるか、偶然あったのだから騙されるということはなさそうだ、と思ってかなり疑いながらもついていくことに。


ご飯のことは心配しないで、といわれたが、彼がいってる学校?で友達の中国人のカードを使いただでリゾットやサラダをゲットした。なんだそうゆうことかよ。だからもてないんだよ!



そのあとバスで結構いった先。
そこには美しい夜景が広がっていた!


もちろんガイドブックにはのっていない、ローカルしかいない場所だ。


ご飯を食べながらめんどくさいことにならないことをひたすら祈ったのだが、
結局さらに暗闇にてユーアビューティフルは日本語で何て言うの?からはじまり、アイワナキスユーは?といわれ始めたので、
危険を感じてボーイフレンドがいるしその人のことが好きだという悲しい嘘をフル活用し怒って帰ろうとした。あなたには今日あったばかりなのに、そんなことしたくないわ!と。
彼は必死で謝ってきたが、きれいな人にそうしたいと思うのはなにも悪くないと、ひたすらゆっていた。(笑)


でもまぁちゃんとなんともなく駅まで戻ってくることができ、面白い経験になった。(笑)


途中、面白いこととして、街の公園でもない周りになにがあるでもない、 小さなスクエアにティーンエイジャーがぞくぞくと集まってなにをするでもなく、たむろっていて、わろた。


誰しもにそんな危険なことをするなといわれたけど、なかなか面白い1日になったのでした。
イケメンだったらよかったが、逆にそれだったら危ないとわかってついていかなかったかもねw


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。