あやぱいんの世界一周ブログ

I'm traveler from Japan. Free as a bird. Be more colorful.

ドバイ旅行⑤ ダイビングinフジャイラ

この日はダイビング。
ドバイにはビーチもあるけど、海はそのとなりの街?東側、オマーン湾に面したフジャイラという街にいくために、2時間かかるので、朝6時に迎えが来る。
なにしろ最近の旅行では現地にいってから予定を決めているので、ダイビングもてきとーに選んだところで、この街にいくためタクシーをチャーターせざるをえなかった。
ひとりなので全額支払うことになるわけで。
これだけで15000円。ありえません。
これからはダイビングは日本で調べて行こうと決めた。


タクシーは早めにつく。


高級ホテルのプライベートビーチに併設したダイビング施設のようで、欧米人しかいない。
普通のリゾート。普通に女性もビキニ。
当たり前だけど容赦ない英語。


機材セットも誰も手伝ってくれないばかりか、全ての説明がべらべらと早口の英語のため私はただただポカン。
いちゃつくカップルを尻目に不安しかない。


なんとか、ダイビングセンターの人が手伝ってくれていざダイビング。
船で近場のスポットまでいって潜る。


うーん、あまり透明度はよくない。というかなにこれなにこの黄色い粒。


サルディーニャがひたすら青ならばこの海は黄色。
目にも見える黄色い粒がいっぱいだった。
すごく綺麗ってゆったの誰。
深さも全然ない。
下の狭い洞窟をくぐったりもした。



2本目。
ひたすら空腹。
そして寒い。一度寒いと感じるともうだめ。
もう寒くてそればっかりだし、さらに透明度も低いし
インストラクターはいろんな魚を紹介してくれるがよく見えない。
catfish?eggfish?ってゆう地面に埋まった丸い魚?とかニモとか。


サメもいたらしいがまるで見えず。
最後にカメを近くで見れたのはよかった。


フジャイラまでいくならせっかくだから3本潜るつもりだった。
しかしもう次のダイビングにいく元気がなく空腹だしそんなに綺麗でもないし寒いし
唯一やさしくしてくれたレックスには悪いけどここでギブアップ


タクシーを呼びマックによってもらって帰宅コへ
マックのred chili beefというハバネロソースのバーガーのうまさが異常


砂漠のなんの木もない岩のような山が海岸に面してて、遠くに夕日が空を染めて、なかなかみたことのない景色。


気がついたら爆睡。


ついてまた爆睡に終わる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。